ドイツ発祥の真のプレミアムブランド「ミーレ」

ミーレは、五大陸にまたがり利用可能な、ランドリーケアと食器洗浄、消毒の分野における家電製品と業務用機器での真の意味での唯一のグローバルなプレミアムブランドです。

ミーレ・ビジネスの成功の土台となっているのは、次々に行われるイノベーションです。ミーレの創設者、カール・ミーレとラインハルト・ツィンカンは、1899年、「常により良いものを(Immer Besser)」作り続けるために不断の努力をしなければ、持続的な成功をもたらすことはできないことを実感しました。ミーレ製品の品質は、競合会社のものよりも相当に優れています。そうでなければ、競争の激しい市場で優位に立つことはできませんでした。

「常により良いものを(Immer Besser)」というミーレの信条は、現在も会社の方針として守られています。


ミーレの歴史


創業当時のミルクセパレーターこちらは電気洗濯機食器洗い機(過去/現在)

1899年
創業
1904年
牛乳を分離し、バターを作る機器の製造をスタートする。

920年代 バケツの形をした円筒型掃除機(メリーオール)が発売されて以来、30年に渡って人気商品の座を守りました。

1929年
電気食器洗い機、第一号を開発しました。
1956年
全自動洗濯機、第一号を開発しました。その2年後には回転式乾燥機を登場させ、家電製品市場を席巻しました。
1960年代
全自動食器洗い機を登場させ、たちまち主婦の心を掴みました。
1975年
コンピューター制御の洗濯機、乾燥機と、タッチセンサー制御の食器洗い機を世界で初めて開発しました。
1986年
オーブンと電子レンジ製造を開始しました。
1992年
日本に販売会社が設立されました。

主な商品と機能を紹介します

掃除機

豊富なカラーバリエーションもミーレの魅力です。

ランドリー機器

ステンレスドラム洗濯槽は、6角形のハニカム(蜂の巣)状。表面は、薄い水の膜がクッショとなり、この膜が衣類を優しく保護しながら、しっかり洗浄します。孔も小さくすることで、類へのダメージを防ぎ、デリケートな生地も優しく洗いあげます。

電気オーブン

8種類の調理モードを搭載。段によっての調理や複数の段での調理が可能です。3段同時調理が可能です。たとえば、3つの段に、野菜・お魚など、それぞれ異なる食材を時間でセットして加熱すれば、夕食のメニューが、臭い移りもなく素早い仕上がり。


食器洗い機

幅が45cmと60cmの2タイプ、ドアタイプはSCu・SCi・SCViの3タイプ。節水・節電をする中で「より使いやすく、より綺麗に洗えるように」と開発。6種類~9種類の洗浄プログラムが搭載されています。

IHクッカー・電気クッカー

落ち着いた質感で高品質なセラミックガラスとシンプルなタッチセンサーの操作パネルが特電源を切って余熱利用が可能で、安心・安全機能もしっかりしています。ヨーロッパでは、クッキングヒーターはラジェントが主流。立ち上がりについては非常に早くなり、以前より35%も更に改善されました。


太陽光発電・太陽熱利用の洗濯乾燥機

最近では、洗濯機や食器洗い機に再生可能エネルギー(太陽光発電、太陽熱利用)を利用して、洗濯乾燥機では80%もの電気を節約しているものもあります。